Event is FINISHED

新生銀行元頭取と語る会

グローバル社会で活躍するための学生生活虎の巻
Description

・これからの社会で活躍するためには学生生活でどんなスキルを身につければいいんだろう??
・英語とか中国語とか、外国語ってどうやって身につければいいんだろう??
・マネジメントやガバナンスとか、どうやって学んで実践していけばいいんだろう??
・これからの世界経済はどうなっていくんだろう??
・今って、アメリカとか中国はどうなってるんだろう??

→ぜーんぶ新生銀行の元頭取「八城政基」さんに訊いて、悩みをすっきりさせましょう!!米国外資企業と日本企業、さらには中国の企業でも活躍された本当にグローバルな方です!!


<詳細>

○日時
2014年2月15日 13:00~

○場所
東京大学駒場キャンパス

(会場の教室詳細は参加者の方に、前日連絡させて頂きます。)

○参加条件
学生であること

○内容
新生銀行の元頭取である「八城政基」さんに、「これからのグローバル社会で必要なこと」をテーマに講演をいただき、その後、質疑応答や懇親会を含めて、他のところでは聞けないような深い話し合いをしていきます。

○人数
会場の都合、および、深い話合いをするのに上限人数があるため、人数を40人に制限します。

○お申込み方法
下記URLからPeatixでお申込みください。
connect7-20140215.peatix.com
【URLをクリック→右側のチケットをクリック】
※Facebookで参加登録をしただけでは、参加できません。

○共催
東京大学 准教授 阿古智子 先生
作家 江上剛 様

○講師プロフィール
八城 政基(やしろ まさもと)
1929年生まれ、東京都出身。京大法学部卒、東大大学院博士課程(国際関係論)修了。58年にスタンダード・バキューム・オイル日本支社(エッソ石油の前身)に入社し、74年にエッソ石油社長。89年にシティバンク・エヌ・エイ在日代表。約40年にわたって外資系企業で働いた後、破綻した旧日本長期信用銀行(現新生銀行)の再建に取り組んだ。著書に「日本の経営 アメリカの経営」「八城政基MBA講義」など。

朝日新聞に、「(証言そのとき)外資流VS.日本流」と題して連載が載せられていました。

■八城政基氏と新生銀行の歩み
 1929年 東京に生まれる。父親は内務省勤務後、薬局を経営
   52年 日本長期信用銀行(長銀)が発足
   58年 スタンダード・バキューム・オイル日本支社に入社
   64年 入社6年目の35歳でエッソ石油取締役
   73年 第4次中東戦争をきっかけに第1次石油危機に
   74年 エッソ石油社長に就任
   79年 イラン革命を発端に第2次石油危機。エッソ・イースタン社筆頭副社長
   86年 再びエッソ石油社長に就任
   89年 シティバンク・エヌ・エイ在日代表に就任(97年まで)
   98年 長銀と住友信託銀の合併計画白紙に。長銀の一時国有化決定
   99年 リップルウッドや、中央信託・三井信託銀などのグループが長銀買収に名乗り、リップルウッド中心の投資グループへの長銀譲渡が決定
 2000年 行名を新生銀行に変更。社長兼会長に就任
   01年 個人取引に本格参入。ATM手数料の24時間無料化などを打ち出す
   04年 新生銀行が東証1部に株式を再上場
       中国建設銀行の社外取締役などに就任
   05年 新生銀行社長を退任
   06年 新生銀行会長を退任し、シニア・アドバイザーに
   08年 「レイク」の名称で日本で消費者金融を展開する米ゼネラル・エレクトリック(GE)の子会社を買収。経営悪化を受け、新生銀行社長に復帰
   10年 新生銀行が2期連続の赤字計上。同行のすべての役職から退任
   11年 新生銀行3期ぶりに黒字化

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-01-27 10:50:54
Sat Feb 15, 2014
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学 駒場キャンパス
Tickets
学生チケット
Venue Address
東京都目黒区駒場3-8-1 Japan
Organizer
Connect7
5 Followers